国民が参加する「裁判員制度」スタート

 2009年(平成21年)5月21日、一般市民が刑事裁判に参加する 裁判制度が始まった。殺人など重大な刑事事件について国民の 意識を反映させ、司法への信頼を高めようというもの、日本初の 裁判員制度を用いた裁判は、東京地裁で同年8月3日から開かれた 殺人事件の公判だった。

続きを読むread more

東京港開港記念日

 明治維新以降、東京の貿易は横浜港に依存してきたが、関東大震災で 東京にも大型船が入港可能な海港が必要となった。芝浦岸壁、竹芝両 埠頭が完成した1941年のこの日、東京港が開港。

続きを読むread more

国際親善デー

 1899年のこの日、オランダのハーグにおいて26カ国参加のもとに 第1回平和会議が開かれたことを記念し、この日を「国際親善デー」と 定めた。日本では1931年から行われている。

続きを読むread more

旅の日

 松尾芭蕉が「奥の細道」に出発したのは1689年3月27日が 太陽暦でこの日にあたるのにちなんで「日本の旅ペンクラブ」が 1988年に決定しました。  旧暦のこの日を太陽暦に直すと、この年は閏月が有ったために 2ヶ月もずれ込んで5月16日になります。奥の細道が完成した年に 芭蕉が亡くなっていたので、この旅の途中で亡くなったと思…

続きを読むread more

葵祭

 6世紀後半、飢餓、疫病の流行と風水害を鎮めるためにの祭礼が 起源、平安貴族の姿をした行列が8㎞の道のりを練り歩く。

続きを読むread more

竹酔日

 竹を移植するには、旧暦5月13日が良いという中国の伝説が元に なった。この日は竹が酔っ払っていて、移植されても分からない日として いるそうです。

続きを読むread more

看護の日

 ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定。  元祖白衣の天使といわれるナイチンゲールは1820年5月12日、 イタリアで誕生した「私に神様のお告げがあって、神様への奉仕に 召された」という記述が、16歳の日記にあるという、赤十字社では 彼女の誕生日を記念し、世界各国の優秀な看護師にフローレンス・ ナイチンゲール記章を授与している。

続きを読むread more

長良川鵜飼開き

 5月のこの日、長良川で鵜飼開が行われる。鵜飼は、鵜匠のひとり、 中鵜使いひとり、船頭ふたりで構成されており、繋いだ鵜に鮎を捕らせる 伝統的漁法。その歴史は古く、中国の史書「隋書」倭国伝に7世紀初めに 鵜に首結いをつけて魚を捕獲したと記されている。  長良川のような深い川で捕獲する場合には、2歳未満の鵜をならし 15~20年し…

続きを読むread more

電気式四輪自動車、日本初お目見え

 1900年(明治33年)のこの日、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)と 公爵九条道孝の四女節子との結婚式が行われた。此れを祝し、1台の 電気自動車がサンフランシスコ在留日本人会から献上された。自動車 到着後、宮内庁が試運転した時に「馬の無い馬車」を珍しがった一人の 老婆が近づいてきた。ことろが、ブレーキがきかずお堀にドボン「カクモ…

続きを読むread more

アイスクリームの日

 1869年(明治2年)のこの日、日本で初めてアイスクリームが 製造販売されたことに因み、同協会が1969年から実施している 記念日。初めて販売したのは横浜、馬車道道り、売り出したのは 町田房蔵、当時は「あいすくりん」と言う名称で1人前2分 (約8000円)と高価なものでした。

続きを読むread more

世界赤十字デー

 1828年5月3日、赤十字の創始者であるアンリ・デュナンの誕生日に ちなみ、設けられた日、赤十字のマークは、デュナンの祖国である スイスの国旗の赤と白を反転させたもの、なお十字のマークは東洋では 「福徳」を、西洋では「仁義」を意味するという。

続きを読むread more

日本で第1号の理学博士誕生

 植物学の伊藤圭介は、1888年(明治21年)のこの日、日本で第1号の 理学博士となる。ただし、論文の提出による本来的な博士号ではなく、 教育行政への貢献度を評価されたもので、今でいう名誉博士的な性格が 強かった。本格的な理学博士が生まれたのは其れから3年後である。

続きを読むread more

パリーのエッフェル塔公開

 フランスの革命100周年に当たる1889年、パリーで開かれた 第4回万国博覧会の初日に、エッフェル塔が公開された。高さ 984フィート。当の名は、設計、建築を手掛けたアレクサンドル・ エッフェルに由来する。

続きを読むread more