奇跡の人ヘレンケラー生まれる

 「希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成熟する
ものではない」。目が見えない、耳が聞こえない、口がきけないという
三重苦を背負ったヘレンケラーは、家庭教師サリバン女史の献身的
指導と不屈の自立精神により、読み書きをマスター、自分の言葉を
獲得した。
 盲ろう者として世界各地を講演し、社会福祉活動に力を入れ、「奇跡の
人」と感動を与えた。1880年のこの日ヘレンケラー誕生。