種々雑々

アクセスカウンタ

zoom RSS 成層圏発見の日

<<   作成日時 : 2018/06/08 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フランスの気象学者、テスラン・ド・ボールによって1902年の
この日に成層圏が発見されました。この事にちなんだ記念日です。
 成層圏は1万m以上の上空で気温が一定していて気象の変化が
なく、約50qの厚さで地球を取り巻いている。安定した大気の層。
ドボールは気象庁の長官を務めていましたが、退職後ベルサイユ
近くに自分の研究所を設立し、そこで風船に温度計を取り付けて
飛ばして上空の気象状態を観測しました。ここで彼は上空約
11q付近に不連続面があることに気付きます。雲や雨などの
気象現象はその大半がこの不連続面より下で起きています。
彼は不連続面より上を成層圏、下を対流圏と名付けました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
成層圏発見の日 種々雑々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる